ひっそりと うぶごえあげた ふたことり


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ヨーロッパ旅行


17日間のヨーロッパの旅。

日本からフィンランドを経由して
オランダ→ベルギー→フランス
と3カ国を回って参りました。

一度に全部の思い出を書くのは
無理そうなので
今日はオランダのお話。



オランダ編

まずオランダに着く前に、
飛行機からの眺めをご覧ください。

これはシベリア上空だったそうで、
氷の海を見たときは、とても感動しました。
北極気分も味わえて一石二鳥です。


そしてついにオランダはアムステルダムに到着。
私達のトランクはその三日後に届きましたけど・・




こちらは私達がお世話になったホテルの
朝食ビュッフェの風景。すべてがカワイイ♪

と、なにやら窓の外から鳴き声が・・

「にゃ~!」

オランダ初ネコです。

エサを欲してるようでしたが
何もあげられないので
とりあえず写真を一杯撮っときました。


彼(彼女?)は私達の滞在中、毎朝ここに通い詰めてました。



こちらは日用品市です。伝わりづらいけど。



チーズやら壷やら歯ブラシやらなんでも揃っています。



こちらはシンゲルの花市。

運河沿いに花屋がずら~っと並んでいて
とってもキレイ。
オランダ~って感じです。



「この球根、誰んだ?」
「オラんだ!」






           シーーーーーーーン。




ところ変って、
こちらは猫の博物館。

外観は普通のお屋敷の様ですが、中に
入ってみると・・




猫グッズでいっぱい。




世界中から集められた猫のポスターや置物や絵画など
が所蔵されています。


運が良いと本物の猫ちゃんが出迎えてくれます。

全部で4、5匹居るとか居ないとか。

看板猫ちゃん。
見学者への対応も申しぶんありません。

このあと、屋敷の案内役まで買って出てくださいました。
(気ままに歩き回ってただけ?)



首都アムステルダムから電車で15分ほど行くと
ザーンセ・スカンスという村があります。


ここはワタシが思い描いていた
夢の世界そのものでした。


家の前に小川が流れてる!ここは大きなポイントです。
そしてカワイイお庭にかかる橋。

この村の穏やかさが
写真ではお伝えできないのが残念です。

ここはぜひとも、また訪れたい場所です。



この他には、
 フィンセント・ファン・ゴッホ美術館
 アンネの家
 マウリッツハウス美術館
などを見学してきました。


ハーグにあるマウリッツハウス美術館。

ここにはレンブラントの作品や
フェルメールの「真珠の耳飾の少女」
その他多数の絵画が所蔵されています。

昔お屋敷として使われていたこちらの
美術館は広すぎず狭すぎず
とても居心地が良かったです。



オランダの旅はここまで。

次回はベルギー編です。メルシ~
【2007/03/20 00:00】 写真:旅の思い出写真 | トラックバック(-) | コメント(-) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。